TOPページ
高知市の売買物件を探す
高知市の賃貸物件を探す
高知県内外のオーナー様へ
売買無料会員登録
スタッフ紹介
グローバル住宅会社概要
←Prev Next→
2015/07
1  2  3  4  
5  6  7  8  9  10  11  
12  13  14  15  16  17  18  
19  20  21  22  23  24  25  
26  27  28  29  30  
  • 河添(4)
  • 矢野(1)
  • 田村(35)
  • 西川(46)
  • 森下(47)
  • 那須野(80)
  • 西岡(126)
  • 長谷川(150)
  • 松村(158)
  • 川村(2)
  • 村上(253)
  • お客様の声(1)
  • ブログ(1259)
  • 休日(44)
  • 仕事や不動産の話(19)
  • ランチやディナー(15)
  • 旅行(31)
  • 懇親会(4)
  • 豆知識(24)
  • リフレッシュ!
  • 散髪!?
  • 契約終えて「yanofes...
  • (V)o¥o(V) 新築物件 ('ω...
  • 毎月第二月曜日お昼12時5...
  • 今さらながら今年初の秋刀魚...
  • おやじのひとり言
  • 防災訓練
  • 住宅展示場「のいちヒカリタ...
  • お世話に成りました。w
  • 2014年01月(1)
  • 2014年02月(10)
  • 2014年03月(12)
  • 2014年04月(14)
  • 2014年05月(10)
  • 2014年06月(9)
  • 2014年07月(9)
  • 2014年08月(13)
  • 2014年09月(15)
  • 2014年10月(15)
  • 2014年11月(20)
  • 2014年12月(17)
  • 2015年01月(20)
  • 2015年02月(22)
  • 2015年03月(23)
  • 2015年04月(15)
  • 2015年05月(13)
  • 2015年06月(14)
  • 2015年07月(22)
  • 2015年08月(17)
  • 2015年09月(10)
  • 2015年10月(11)
  • 2015年11月(28)
  • 2015年12月(23)
  • 2016年01月(23)
  • 2016年02月(25)
  • 2016年03月(27)
  • 2016年04月(28)
  • 2016年05月(23)
  • 2016年06月(24)
  • 2016年07月(31)
  • 2016年08月(24)
  • 2016年09月(29)
  • 2016年10月(28)
  • 2016年11月(26)
  • 2016年12月(20)
  • 2017年01月(20)
  • 2017年02月(18)
  • 2017年03月(21)
  • 2017年04月(25)
  • 2017年05月(20)
  • 2017年06月(23)
  • 2017年07月(26)
  • 2017年08月(18)
  • 2017年09月(20)
  • 2017年10月(23)
  • 2017年11月(20)
  • 2017年12月(17)
  • 2018年01月(17)
  • 2018年02月(18)
  • 2018年03月(24)
  • 2018年04月(25)
  • 2018年05月(23)
  • 2018年06月(21)
  • 2018年07月(24)
  • 2018年08月(21)
  • 2018年09月(22)
  • 2018年10月(25)
  • 2018年11月(28)
  • 2018年12月(23)
  • 2019年01月(20)
  • 2019年02月(17)
  • 2019年03月(19)
  • 2019年04月(24)
  • 2019年05月(15)
  • 2019年06月(17)
  • 2019年07月(19)
  • 2019年08月(18)
  • 2019年09月(23)
  • 2019年10月(22)
  • 2019年11月(10)
  • 海宿 千年松

    売買の村上です。

    個人的に以前から気になっていた今治市大島に両親と一緒に行ってきました。

    http://www.sennenmatu.jp/index.htm

    18年前に仕事で東京から松山に転勤し3年程いた時に、仕事関係でここを訪問し地場の瀬戸内の美味しい魚料理を満喫したいと思いながら行けずじまいでした。

    今は高知で新鮮な魚料理がいつでも普通に食べることができます。

    「何を今更おおげさな」と言う感じもありますが、愛媛・大島の海を眺めながらのロケーションがきれいでよかったと印象深く残ってました。

    天王を11時に出発し大回りのルートで33号線を通り途中「道の駅」で寄り道をしながら15時30分に到着(チェックイン)しました。

    天候が気になりましたが幸い雨も降らず良かったです。

    宿泊先の目の前が海水浴場です。今治市内が海の向かいに見える場所です。

    両親が足腰弱いのでテラス付の洋間を選択しました。

    民宿風ですが設備はホテル・旅館みたいに完備され、きれいで快適です。

    離れに露天風呂もあります。大きな船が目の前を通る景色が楽しめます。

    今回は曇りの天候で残念。晴れていればもっとよかったですが梅雨で仕方ない。

    料理は「会席コース」を予約していました。

    お刺身は,盛り付けはシンプルですが鮮度・味と申し分なく急流海域の魚は身がしまってコリコリ。

    流石は来島海峡産で美味しかったです。

    新鮮な魚料理が楽しめますが、地物中心なのでその日取れる魚でメニューがきまるので、本当に美味しいのは秋から春先の寒い時期がいいそうです。

    そして、ここでの名物料理は「炮烙焼」です。

    戦国時代に村上水軍の船上戦食だそうで、いわゆる蒸し焼きです。

    急流の来島海峡といえばイメージは「鯛」なんですが、シーズンは10月〜4月くらいなので幻の高級魚「あこう」の「炮烙焼」を食しました。

    食事を終えて周辺を散歩しその日は早めに就寝です。

    翌朝は晴天でした。早朝に目の前で漁船が群れをなして漁をしています。

    朝風呂に浸かり晴天の景色を楽しむことができました。

    8時に朝食を済ませ、女子ワールドカップを応援し10時にチェックアウトです。

    女将にお見送りいただきました。これから夏シーズンはかなり混雑するそうです。

    次に「亀老山展望台」に向かいました。

    階段が緩やかでお年よりの方も安心して上がれます。

    「亀老山展望台」は、標高307.8mの亀老山山頂にあり瀬戸内海国立公園です。

    来島海峡大橋と日本三大急潮のひとつ「来島海峡」の潮流、晴れた日には西日本最高峰「石鎚山」を眺める事ができます。

    伯方島を通り越して大三島の「伯方の塩」工場に向かいました。

    工場見学が10名以内は予約せずにできます。工場内部の写真撮りは禁止です。

    きれいな工場です。神田川氏の「伯方の塩CM」の歌を口ずさみながら見学です。

    塩ソフト食べました。上品な塩風味でとても美味しい。

    伯方の塩は伯方の海水で作ると思っていましたが、メキシコ・オーストラリアの塩を

    瀬戸内の海水で溶かして製造することを知りました。手が込んでいるんですね。

    近くの「大山祇(おおやまずみ)神社」に立ち寄りました。

    大山積神を祭神とし、全国の山祇神社、三島神社の総本社。

    樹齢2600年ともいわれる大楠の御神木です。

    大山祇神社の楠群は、日本最古の原始林社叢の楠群として国の天然記念物に指定されています。

    近くの食堂に列ができて並んでいたので伺うと、なんと新鮮な魚料理が格安です。

    「食べろログ」にも出てるそうで有名なんだとか。

    http://tabelog.com/ehime/A3802/A380201/38005013/

    思わず安い!

    混雑しているので今回はパスしました。

    通り沿いの「多々羅大橋」の袂にある道の駅に立ち寄り買物を済ませ、高知へと帰路です。

    館内に生け簀があり「マハタ」が泳いでました。

    途中で、菊間町の「うなぎ屋」を思い出し鰻重が食べたくて急遽ルート変更しましたが残念、知らない間に休業されてました。

    愛媛では、うなぎ好きは知らない人はいないとまでいわれた名物うなぎ店だったんですが・・・・ 

    仕方なし北条の道の駅で軽食で済ませましたがやっぱりうなぎが食べたくなり・・・

    ということで、15時でしたが佐川町の「大正軒」に予約入れました。

    そして18時に佐川町に到着。予約より30分早く着きました。

    一日を鰻重で締めくくりました。私は「うな重上」いただきました。

    ごはんの量も多く中にもう一切れ鰻が隠れてます。食べ応えあり満腹になります。

    これまで高知市・南国市の有名店も行きましたが、一味ここのは違います。

    やっぱり鰻料理は「大正軒」だと話しが盛り上がりました。

    最後に食べた鰻で瀬戸内料理は忘れたみたいです。

    いい休日を過ごせました。

     

     

     

    旅行 村上 2015.07.04

    ページ : 01   02