TOPページ
高知市の売買物件を探す
高知市の賃貸物件を探す
高知県内外のオーナー様へ
売買無料会員登録
スタッフ紹介
グローバル住宅会社概要
←Prev Next→
2015/07
1  2  3  4  
5  6  7  8  9  10  11  
12  13  14  15  16  17  18  
19  20  21  22  23  24  25  
26  27  28  29  30  
  • 河添(4)
  • 矢野(1)
  • 田村(35)
  • 西川(46)
  • 森下(47)
  • 那須野(80)
  • 西岡(126)
  • 長谷川(150)
  • 松村(158)
  • 川村(2)
  • 村上(253)
  • お客様の声(1)
  • ブログ(1259)
  • 休日(44)
  • 仕事や不動産の話(19)
  • ランチやディナー(15)
  • 旅行(31)
  • 懇親会(4)
  • 豆知識(24)
  • リフレッシュ!
  • 散髪!?
  • 契約終えて「yanofes...
  • (V)o¥o(V) 新築物件 ('ω...
  • 毎月第二月曜日お昼12時5...
  • 今さらながら今年初の秋刀魚...
  • おやじのひとり言
  • 防災訓練
  • 住宅展示場「のいちヒカリタ...
  • お世話に成りました。w
  • 2014年01月(1)
  • 2014年02月(10)
  • 2014年03月(12)
  • 2014年04月(14)
  • 2014年05月(10)
  • 2014年06月(9)
  • 2014年07月(9)
  • 2014年08月(13)
  • 2014年09月(15)
  • 2014年10月(15)
  • 2014年11月(20)
  • 2014年12月(17)
  • 2015年01月(20)
  • 2015年02月(22)
  • 2015年03月(23)
  • 2015年04月(15)
  • 2015年05月(13)
  • 2015年06月(14)
  • 2015年07月(22)
  • 2015年08月(17)
  • 2015年09月(10)
  • 2015年10月(11)
  • 2015年11月(28)
  • 2015年12月(23)
  • 2016年01月(23)
  • 2016年02月(25)
  • 2016年03月(27)
  • 2016年04月(28)
  • 2016年05月(23)
  • 2016年06月(24)
  • 2016年07月(31)
  • 2016年08月(24)
  • 2016年09月(29)
  • 2016年10月(28)
  • 2016年11月(26)
  • 2016年12月(20)
  • 2017年01月(20)
  • 2017年02月(18)
  • 2017年03月(21)
  • 2017年04月(25)
  • 2017年05月(20)
  • 2017年06月(23)
  • 2017年07月(26)
  • 2017年08月(18)
  • 2017年09月(20)
  • 2017年10月(23)
  • 2017年11月(20)
  • 2017年12月(17)
  • 2018年01月(17)
  • 2018年02月(18)
  • 2018年03月(24)
  • 2018年04月(25)
  • 2018年05月(23)
  • 2018年06月(21)
  • 2018年07月(24)
  • 2018年08月(21)
  • 2018年09月(22)
  • 2018年10月(25)
  • 2018年11月(28)
  • 2018年12月(23)
  • 2019年01月(20)
  • 2019年02月(17)
  • 2019年03月(19)
  • 2019年04月(24)
  • 2019年05月(15)
  • 2019年06月(17)
  • 2019年07月(19)
  • 2019年08月(18)
  • 2019年09月(23)
  • 2019年10月(22)
  • 2019年11月(10)
  • お家に潜むカビ…梅雨だからこそ知りたい本当の対処法とNG集

     

    通常の掃除だけでは、なかなか効果が上がらないカビ対策。カビは放っておくと、どんどん広がっていき、人体にも危険です。そんなカビ対策の「やるべきこと」と「やってはいけないこと」をご紹介いたします。あなたはやっていませんか?ぜひこちらの記事で確認してみてくださいね!

     

     

    カビの繁殖は春から始まる?!

    室内の「カビ」というと、たいていの人が梅雨時期を思い浮かべるでしょう。確かに湿度が上がり、ジメジメし出します。

    しかし、実際はカビの時期は春からすでに始まっているのです
     Img 0[1]

     

     

    カビ繁殖の4つの条件

    25162258

    カビが繁殖するのに必要な条件は、酸素、温度、湿度、栄養の4つです。

    温度は20〜30℃、湿度は80%以上だとカビは一番繁殖します。栄養源は、汚れや埃です。

     

     

    梅雨だからこそ、対策しよう!

     

    梅雨はカビの大好きな季節

    06510001a1uje 

    梅雨が続くと、室内の湿度は80%を超えてきます。湿度が65%以上、室温が20〜25℃になるそんな梅雨の時期は、カビの繁殖が活発になります。つまりカビには、とっても心地よい時期なのです。

     

     

     

     

     

    カビの繁殖方法

    カビは空中に舞っている胞子が水分を吸って発芽し、汚れなどを栄養源にし、菌糸を延ばして繁殖していきます。菌糸は枝分かれして行き、胞子を形成して増えていきます。

     

     

     

     Iro3

     

     

    カビが繁殖しやすい場所とは?!

    2477 before l  

    室内では浴室等の水回り以外にも、食品、押入れなどなど、湿気の多い所に繁殖していきます。

     

     

     

     

     

     

    「梅雨」だからこそ、対策しよう

     

    換気扇がある理由

    P42110    

    浴室と台所に必ずあるのが、換気扇。それは、湿度が高くなりがちで、空気の入れ替えが常に必要な場所だからです。

    一番いいのは、換気扇は常に回しておくということです。

     

     

     

     

     

    窓を開けて換気

     換気扇だけに頼り切らず、1日に何度も窓を開けて換気をする事をオススメします。

    1日に3〜4回、5〜10分程度でOKです。こうして湿度を低く保つことは、カビの繁殖を抑えます

     

      Gum14 ph02005 s

     

     

     

    コレはだめ!カビ対策でやってはいけないこと

     

    除湿機

    26d3ea55d9340172b4d3af5f05b603d7  

    カビの繁殖を防いでくれるということで、除湿機を使用しているご家庭も多いのではないでしょうか。それさえあればカビの問題はない!と思いがちですが、実は、その除湿機にもカビが生えるのです。

    除湿機にカビが生えると、室内に次から次へとカビの胞子をまき散らして行くことになります

     

     

     

     

     

    除湿機のタンクに要注意

    除湿機は、水がたまっていくタンクが要注意です。ここにカビが繁殖しやすいです。対策としては、このタンクをこまめに掃除することです。

    バケツなどタンクが入るモノを用意し、水で薄めた漂白剤を入れます。1日付けておけば、ついてしまったカビが取れます。

    タンクを除湿機に戻す際には、数滴の漂白剤を入れておくと防止にも役立ちます

     

     

     

      Wpid imag0090

     

     

    洗濯乾燥機

    Na v81 g 41936

    屋内で洗濯乾燥機を使用している方も要注意です。洗濯乾燥機は大量の水蒸気を発生させていて、特に閉めきっている冬場は結露の原因にもなり、カビが発生しやすくなります。

    洗濯乾燥機を使用する時は、十分に喚起するように心掛けましょう。

     

     

     

     

    家具の置く位置

    カビの繁殖を抑えるには、風通しをよくすることはとても重要です。常に換気する事を心掛け、家具などは壁との間を5cm位あけて置くと風が通りやすくなります。部屋の隅から隅まで風を行きわたらせましょう。

    室内の窓をずっと開けておくわけにはいかないと思いますので、室内にいる人が気づいたら換気をというのを常に頭の中に入れておきましょう。

     

     

     

     C843e4ffdde3f5a7b24e06e1df0ebbd3

     

     

    危険な掃除機でカビ掃除

    Mc pk12a a 470016

     

    タンスの裏など、手の届きにくところにカビを発見したとき、掃除機で吸い取ったりしていませんか?

    掃除機ですので、吸い取ったカビを掃除機の排気口から部屋中にまき散らすことになります。掃除機でカビ除去は、絶対にやってはいけないことです。

     

     

     

     

    カビの乾拭きや水拭き

    カビを除去する際にやってはいけないことは、乾拭きや水拭きです。カビは目に見えている表面だけでなく、その中にも繁殖しています。

    乾拭きをすると、表面のカビを広げて行っているのと同じです。水拭きは、カビに栄養分を与えているのと同じです。

     

     

      0604

     

     

    殺虫剤はNG

    Roach prevention tips 1  

    カビ対策で、殺虫剤を吹きかけることはNGです。カビには殺虫剤は効かないと覚えておきましょう。

    更に殺虫剤に含まれている成分は、カビの栄養源にもなってしまいます。

     

     

     

     

     

    正しいカビ対策をしよう

     

    アルコールを使った掃除方法

    では、正しいカビ対策についてです。

    薬局などで売っている消毒用のアルコールで掃除ができます。カビが繁殖している箇所にスプレーします。そして拭き取ります。

    これはカビを完全に死滅とはいきませんが、繁殖を抑えます。

      L 02762501

     

     

    カビ取りスプレーより、こまめな掃除を。

    121113nishiyama02

    カビ取りスプレーは、もちろんカビに効果がありますが、頼り過ぎるのはオススメできません。他の菌まで死滅させてしまうので、更にカビの付きやすい環境を作りだしてしまうことになります。

    一番効果的なのは、こまめな換気や掃除を心掛ける事です。

     

     

     

     

    洗濯機の2つの槽

    洗濯機の中にある2つの槽。内側の槽の外側、そして外側の槽の内側はカビが繁殖しやすい場所でもあります。

    そのままにして洗濯をしてしまうと、衣類にカビが付着し、アレルギーの原因にもなります。使用後の洗濯機は、水分を乾いた布で拭き取り、フタは開けておきましょう。

    カビ退治としては、洗濯機に50℃以上のお湯と塩素系の漂白剤を入れ、洗濯機を回します。排水後、十分い乾かしてください。
     Jyouichijp img600x450 1232267477d9rorx62261

     

     

    エアコン掃除もこまめに

    20150224 1024x683  

    エアコンは、カビの胞子を吸い込みます。そして内部でカビが繁殖し、空気と一緒に排出され、室内にまき散らされます。定期的に専門の業者に掃除をしてもらうことをオススメします。

     

     

     

     

    自分でもお手入れできるエアコン

    エアコンは自分でもお手入れできます。部屋の窓は開けて、十分に喚起します。その後、フィルターや吹き出し口の埃を掃除します。またアルコールを50%に薄めたものをエアコン全体にスプレーします。

    窓を開けたまま内部を乾燥させる為に、エアコンを送風状態にします。

    これでカビ防止になります。冷房を使用後は、この送風を毎日やると予防になります。

    2 2

     

     

     

    コツ・ポイント

    カビの除去対策は、こまめに行う簡単な掃除や心がけが大切です。今日から実践してみましょう。

    豆知識 2015.07.02

    ページ : 01